クロエ 香水etc - クロエ(Chloe)財布バッグ人気!!

クロエ別ライン

クロエには別ラインが、クロエと別に存在します。

シー・バイ・クロエ(SEE BY CHLOE)

クロエのカジュアルなラインで、バティントンやシルベラードなど財布やバッグの革製品と違い、洋服類のブランドです。クロエの製品に比べるとお値段も、リーズナブルなので、若い方には大人気です。

シー・バイ・クロエを着てクロエのバティントンやシルベラードの財布やバックなどで決めればよりキュートで可愛い着こなしができること間違いなしです。

クロエの財布やバッグはちょっとて方にはお勧めです。

クロエ・フビーフィーロとは

クロエの2003年までのデザイナーの女性です。
名前だけ聞くと男性っぽいですが

1973年に、パリで産声を上げる、1996年に英国のセントマーチンズ(Central Saint Martins)卒業し19996年クロエ(Chloé)に入社する。2001年に才能をかわれて、クロエのクリエイティブ・ディレクターに就任。2004年に栄えあるブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞する。1年間の空白を経て、2005年春夏コレクションで復帰。2006年にクロエを辞任する。

クロエとは

『クロエ』とは
1952年に、ジャック・ルノアールとギャビー・アギヨンがクロエを開始した。

クロエのブランドのブランドネーム由来

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」から一部をとった

1970年には、クロエ社とコロネット商会が、ライセンス契約を結び、香水を発表。

1975年に、コロネット商会が、プレタポルテ「クロエコレクション」を開始する。

クロエの財布やバッグなどのアイテムのターゲット層は、30歳から45歳の女性で、高めである。

2006年に、クロエは東京の南青山に店舗ををオープンして日本進出を果たす。


クロエはセレブや芸能人に人気のファッションブランドで、日本には青山に店舗(取扱店)があります
クロエは、バッグ、財布 ワンピース パンプス サンダルは特に人気があり本物そっくりの偽物も多く出回っているようす
chloeはtシャツ、ブラウス、スカート、ブーツ(靴)なども扱っているブランドでトータルにコーディネートができるお洒落なファッションブランドです
バックで人気は、トート、パディントン、シルベラード、セヴィニー、ベティ、エディス、ベイ、ケララといったラインが特に注目されていれ幅広い年齢層に愛用者がいる。
霧 香 クロエや新作がでるたびにショップ(店舗)でも人気があります
デニムやジャケット、レスポート サック、シャツなど通販(ホームページ)でも人気商品になっている
サングラス、ランジェリー、ウェッジ、ポーチ、キーケースなどレアな製品もお洒落なのが多いのが特徴的なブランドでコート、ウエッジ、キーホルダー、ヴァレンス、キャミ、シューズ、カットソー、ドレスなどの洋服もあります。

クリエイティブ ディクター

1963年に、カール・ラガーフェルドが、クリエイティヴ・ディレクターになる後に、カールの活躍で、クロエは名声を高める

1988年に、マルティーヌ・シットボンがクリエイティヴ・ディレクターに就任し、92年には、カール・ラガーフェルドがクリエイティヴ・ディレクターとして復帰した。


1998には、ステラ・マッカートニーがクリエイティヴ・ディレクターに就任し。

2002からは、フィービー・フィロがクリエイティヴ・ディレクターを勤める。このフィービーフィロのデザインで、クロエは、ファッション界で最も期待されるブランドの一つになった。そのクロエを日本でも流行らせるきっかけをつくったフィービーフィロ去年あたりから辞任するという噂が流れている。今後のクロエの行き先は何処に向かう。フィービーフィロのデザインの財布やバッグが好きだった方達は残るのでしょうか?

現在のディレクター

フィービー・フィロの辞任後、イヴァン・ミスペラエールを中心にデザイン・チームがデザインを担当する事になる。

現デザイナーは、ロンドンの名門『Central Saint Martins and the Royal College of Art』を卒業のパウロ・メリム・アンデルソンが担当している。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。